被扶養者確認調査について

被扶養者確認調査(被扶養者再認定)について

健保組合は被扶養者確認調査を毎年行うように厚生労働省より指導されており、当健保組合でも定期的に実施しています。

これは加入時に被扶養者の資格があったご家族が、継続して適正な資格を持っているかどうかを確認する為の調査です。

保険証を使って医者にかからなくても、被扶養者に登録されているだけで費用がかかります。本来、扶養に該当しない人を扶養認定してしまうことは、健保組合の財政に大きな影響をあたえ、将来的には保険料値上げなど被保険者(組合員)の負担増につながります。

被扶養者確認調査では、必要となる証明書類などご提出いただくことになり、お手数をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

参考

●健康保険法施行規則第50条「健康保険組合は、毎年一定の期日を定め、被保険者証の検認又は更新をすることができる」

●厚生労働省保険局長通知保発第1029004号「被保険者証の検認については、保険給付適正化の観点から毎年実施すること」

●厚生労働省保険局保険課長通知保発第1029005号「被保険者証の検認又は更新に際しては、被扶養者の認定の適否を再確認すること」

このページのトップへ