保険証に関するQ&A

保険証に関するQ&A

保険証をなくしてしまいましたが、どのような手続きをすればいいですか?

再発行の手続きをしますので、「被保険者証滅失届兼再交付申請書」をご提出ください。なお、再交付手数料として、1枚1,000円が必要です。
保険証が盗難にあった場合や屋外で紛失されたときは、健保組合では保険証を無効にすることはできませんので、最寄りの警察へ盗難および紛失届も提出してください。

保険証に記載されている氏名を変更する場合、どのような手続きをすればいいですか?

「被保険者関係 変更・訂正・取消届」に保険証を添えて事業主に提出してください。新しい保険証を作成いたします。

住所を変更したので会社へ届を出しましたが、健保組合へ提出する書類は何かありますか?

「住所・電話番号変更届」を提出してください。保険証裏面の住所欄はご自身で訂正可能ですので、新住所を記入してお使いください。

子供が4月に就職しましたが、届を出すのを忘れていました。4月以降保険証を使った場合は、あとで医療費を請求されますか?

ご家族が就職された場合は、「被扶養者異動届」を直ちに提出してください。ご家族の資格は就職日にさかのぼって取り消されますので、届を出すのが遅れた場合は医療費の窓口負担金以外(健保組合負担分)を後日健保組合へお支払いいただくことになります。
就職先の保険証のコピーを送付いただければ請求先を変更してもらえないか医療機関に相談はさせてもらいます。

退職後は、保険証はどうすればいいですか? 退職日以降家族が誤って保険証を使ってしまいました。この場合、医療費は請求されますか?

退職した時は、原則退職日までに事業所の健保組合窓口に保険証をご返却ください。ご家族の保険証が複数発行されている場合は全て一緒にご返却ください。退職日以降に保険証を使うと医療費の窓口負担金以外(健保組合負担分)を後日お支払いいただくことになります。

70歳以上になると保険証がもう1枚発行されるのですか?

70歳以上の方には「健康保険高齢受給者証」が交付されます。これは病院窓口の負担割合を示す証明書で、医療機関では必ず保険証と併せて提示が必要です。
このページのトップへ